ブリーダーを探す 子犬を販売しているいいブリーダーの選び方は?


犬の購入先にはいろいろありますが、一般的には
 ○ペットショップ
 ○ブリーダー
の2ヶ所があると以前にご紹介しました。

ブリーダーから子犬を買おうとするときは、事前に予約をしてから犬舎を見せてもらうといいでしょう。

犬舎と言っても、自宅と併設されている場合もあります。

その殆どが一種、もしくは限られた犬種のみを専門に繁殖させていますので、もちろん、ネットなどで自分の飼いたい犬種を扱っているブリーダーを探す必要があります。

お目当てのブリーダーが見つかったら注意したいのが、訪問する前に飼おうとしている犬種のスタンダードや性格などについて、まずは事前によく勉強しておきます。

犬舎に訪問したらまずは、
子犬が暮らす環境が清潔か、
子犬や親犬の手入れが行き届いているか、
親犬やきょうだい犬がどのような外見や性格なのか
などをチェックしましょう。

自分が育てる犬に責任をもつブリーダーは、感染症などの危険を避けるために、子犬にはむやみに触らせません。

手を消毒薬で殺菌してからなど、一定の決まりを設けたうえで子犬を触らせてくれるブリーダーのはうが信頼できるでしょう。

ブリーダーには、犬種の特性やしつけをするうえでの注意点や、子犬が成犬になったらどんな毛の色に変わりそうかなどを質問します。

次に親犬の性格などについても聞きましょう。

「自分は犬について勉強していて、子犬を大切な家族として迎えようとしている」という熱意を伝えることが大切です。

子犬につけられている値段の根拠についても聞いておきます。

念のために、ワクチンを接種した時期や、ジャパンケネルクラブなどが発行する血統書を出してもらえるかも確認します。

繁殖させている犬種に対して十分な知識があって、自分の仕事内容に自信があるブリーダーなら、喜んで質問に答えてくれるはずです。

子犬の親犬やきょうだい犬を見せてもらうべきですが、親犬やきょうだい犬を見せたがらないブ
リーダーもいます。

たとえば、出産後の母犬の毛づやや皮膚のハリなどがいまひとつで、ブリーダーとしてはあまり見てはしくないというケースがあげられます。

また、出産前の母犬にトリミングで負担をかけないようにと毛を短く刈ってしまっているので、母犬を見せたくないというケースもあります。

母犬を見せてくれなくても、なぜ見せられないのかを説明してくれるブリーダーなら信頼できます。母犬の苦い頃の写真を見せてもらって、母犬の毛の色や骨格の特徴などを確認しましょう。

話しているうちに、そのブリーダーが愛情をもって犬に接しているかがわかるでしょう。
ブリーダーがどのような志で仕事に取り組んでいるかを聞いて、尊敬できそうな人なら信頼できるブリーダーといえます。

良心的なブリーダーは、犬の手入れや管理、犬種の勉強などで、とても忙しくしています。

あなたのために時間を割いてくれていることを忘れずに、敬意をもって接しましょう。

Sponsored Link

ブリーダーに連綿を取るときのマナー

多くのブリーターは、犬の雑誌やインターネットのホームページに自分たちの連絡先なとの情報を掲載しています。

気になるフリーターがいるときは、連絡をしてみましょう。ブリーターに連絡を取るときは、先方の営業時間内に電話をします。

ブリーターは犬の世話で忙しい人が多いので、はじめて電話をするときは午後2時頃に電話をかけて「子犬についてお話をうかがいたいのですが、何時ころならお電話をしてもいいでしょうか」と聞いて指定された時間帯にかけなおします。

ホームページなとに記載されているメールアドレスにメールを出すときは、「サイトで紹介されている子犬にとても興味があり、お話をうかがいたいのですが、何時くらいなら電話をしてもいいでしょうか」と書ききましょう。

はじめて出すメールに質問事項を書き連ねるねるのは失礼です。

ブリーターに犬のことを聞くときは
●自分がとのような犬種を探しているのか
●広告上に気になる犬が掲載されていたが、実際に犬舎を見ることは可能か
●広告に出ていた子犬にほかの予約が入っているか
●子犬を買った場合、いつころ譲渡してもらえるか
なとの要件をわかりやすく伝えます。

犬舎を見学したいときは事前に電話で予約しましょう。

「犬舎の住所が記載されていたから」と、なんの連総もせずに犬舎へ訪れるのは失礼です。

絶対にやめましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です